DESIGNデザイン

豊かな緑を纏い、
風景を美しく一新。
この地の新たな象徴となる
壮大なレジデンス。

地域の憩いの拠点ともなる広やかな公開空地と、
総208邸からなる大規模プロジェクト「メイツ上新庄 SHIN-CITY」。
新たな街が生まれるかのように風景を一新し、時代が求める暮らしを叶える、
この地の象徴に相応しいランドマークレジデンスを目指します。

FACADE DESIGN 水面の「きらめき」をテーマに、ディテールにも美へのこだわり。

外観デザインは地域で親しまれている淀川、神崎川をイメージし、水面の「きらめき」や「ゆらめき」を随所で表現。2色のガラス手摺を貼り分けたバルコニーは、濃淡の変化により水の波紋の広がりを表しています。さらに、乳半色ガラス手摺は水面を想起させる波型の形状としました。また、外壁にはブライト(光沢)を混ぜ込んだタイルを一部施し、建物を見る時間や位置により光の反射が異なり、水面がゆらめきながら太陽の光を反射する様子を表現しています。

LAND PLAN 敷地面積5,700㎡超の
スケールメリットを活かした。
緑あふれる杜と多彩な
共用空間が魅力。

5,700㎡超のゆとりある敷地に描いたのは、約1,000㎡もの緑化面積を誇る「杜の広場」。
敷地北側の公開空地には、中央にシンボルツリーを配し、緑潤う寛ぎの空間が広がります。
また、マンション内には勉強などに使える「スタディルーム」をはじめ、
「ファミリースタジオ」など大規模ならではの共用空間が充実。緑景と便利さに満ちた生活舞台が誕生します。

※掲載の完成予想図は、設計図書を基に描いたもので官公庁の指導または施工上の都合により、設計・仕様・色彩・植栽等に変更が生じる場合があります。避難ハッチや樋等の外観形状細部、設備機器等、ならびに周辺の建物・電柱・電線・外構・フェンス等について省略しております。なお、四季の植栽計画を同時に表現したものであり、特定の季節の開花状況を示すものではありません。また、竣工時の植栽は完成予想図程度には成長しておりません。